平成28年熊本地震支援活動報告会Vol.2

「今求められる支援在り方」~東京から熊本へ、今求められる支援のあり方とは~」(支援P・JVOAD)

 地震発生から半年が経過し、現地では避難所から仮設住宅やみなし仮設への

移行が本格化するなど、新たな局面を迎えています。「仮」の暮らしの段階に

ある被災地の玄奘、復興に向けた今後の課題等について支援の段階から、熊本

支援にご関心のある企業、NPO/NGOの皆様にお伝えし、これからの支援を共に

考える機会にしたいと考えています。

 

 ※災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)と全国災害

  ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)は、地震発生直後の

  4月15日から現地にスタッフ・支援者を派遣し、政府・行政、支援

  活動を行うNPO・NGOと連携体制をつくりながら、被災者支援活動を

  実施してまいりました。

 

【テーマ】「今求められる支援の在り方」

       ~東京から熊本へ、今求められる支援のあり方とは~

【日 時】平成28年1024(月) 18:00~20:00(開場17:30)

 

【会 場】TKP東京駅八重洲カンファレンスホール4階 ホール4E

     (http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/

 

【プログラム】

  ■活動報告

  (1)災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

  (2)全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

 

  ■基調報告

  「被災地の現状と課題」

  <報告者>

    野崎 真司 氏(南阿蘇村政策審議監)

 

  ■パネルディスカッション

  「現状の課題と今後の支援について」

  <概要>

   避難所から仮設・みなし仮設住宅へ移行する新たなステージが始まりまし

   た。被災者一人ひとりの暮らしの再建に向けて、今、民間セクターに求め

   られている事、必要なセクター間の連携等について協議し、この時期だか

   らこそ出来る、首都圏を含む遠方からの支援を模索します。

  <登壇者>

    野崎 真司 氏(南阿蘇村政策審議監)

    藤森 一徳 氏(西原村社会福祉協議会事務局次長)

    小菅 浩幸 氏(NTTドコモ CSR部CSR担当部長)

    樋口  務 氏(エヌピーオーくまもと 理事)

    上島 安裕 氏(ピースボート災害ボランティアセンター理事兼事務局長/

                         全国災害ボランティア支援団体ネットワーク現地事業統括)

  <コーディネーター>

    栗田 暢之 氏(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク代表理事)

       

【主 催】災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)

     全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)

     

【申込み】下記をご記入の上、全国災害ボランティア支援団体ネットーワーク

     事務局(担当:小竹(しの))宛にお申込みください。

  

     ■申込み先:info@jvoad.jp

          ■記入事項:「お名前」「ご所属先」「E-mail」

                      「電話番号」「ご住所」

 

 

【問合せ先】全国災害ボランティア支援団体ネットワーク事務局

      TEL:080-5961-9213 

熊本地震支援活動報告会Vol.2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 399.6 KB