· 

秋田県大雨災害(第5報)

 低気圧や東北地方に停滞した前線の影響で、518日(金)から記録的な大雨となった秋田県では、河川の氾濫、土砂崩れ、建物浸水等の被害が発生しています。

 秋田県内では13市町村で、全半壊・一部破損5棟、床上浸水191棟、床下浸水447棟の住家被害が生じています(6月8日現在)。

 

◆被害状況についてのリンク

(秋田県)秋田県防災ポータルサイト

 http://www.bousai-akita.jp/

秋田市災害ボランティアセンターの状況

◆これまでに約170名のボランティアが活動

 秋田市内では、床上浸水145棟、床下浸水233棟の住家被害が生じています。

秋田市では、被災直後から行ってきた通常の社協ボランティアセンターによる支援について、521日(月)からは災害ボランティアセンターを設置して被災者支援を進め、6月10日(日)までに延べ約170名のボランティアが活動しました。

とくに、6月2日(土)、3日(日)の週末は、各日とも約40名のボランティアが活動しました。

◆今後は社協ボランティアセンターにおいて支援

秋田市では、災害発生から3週間が経過して支援ニーズが減少したことを受け、6月10日(日)をもって災害ボランティアセンターを閉所し、11日(月)からは通常の社協ボランティアセンター業務として、継続して被災された方々への生活支援を行うこととされました。

今後、秋田県内在住の方を対象として、事前登録によりボランティアを受け付け、後日活動日・活動内容を連絡する方法となります。

詳細は、秋田市社会福祉協議会ホームページ、Facebookをご覧ください。

 

 秋田市社会福祉協議会ホームページ

http://www.akita-city-shakyo.jp/

 

 秋田市災害ボランティアセンターFacebook

 https://www.facebook.com/akita.city.vc/posts/610332042662559 

秋田県社協の動き

 秋田県社協では、6月9日(土)・10日(日)の2日間、秋田市災害ボランティアセンターに職員を派遣し、運営支援を行いました。

 なお、秋田市災害ボランティアセンターの閉所に伴い、秋田県社協に設置されていた県災害ボランティアセンターは、6月10日(日)をもって閉所しました。

 

 秋田県社会福祉協議会ホームページ 

 http://www.akitakenshakyo.or.jp/