平成30年7月豪雨災害でボランティア活動を希望されているみなさんへ

 ○災害ボランティア活動の際には熱中症に十分ご注意ください

 被災地では連日の猛暑のなか、ボランティアが熱中症を発症し、救急搬送される事態が頻発しています。

 熱中症を予防するためには、こまめに水分や塩分を補給すること、無理をせず活動の合間に十分な休憩をとることが重要です。また、ボランティア活動前の体調管理にも十分に注意し、体調がすぐれないときには、野外での活動を控えることも必要になります。これらに加え、万一体調のすぐれないボランティアを見かけた際には、すみやかに災害ボランティアセンターのスタッフやボランティアのリーダーに声をかけてください。

【参考】厚生労働省リーフレット『熱中症予防のために』

ダウンロード
厚生労働省『熱中症予防のために』.pdf
PDFファイル 769.7 KB

○ご自宅最寄りの社会福祉協議会でボランティア活動保険にご加入ください

    ボランティア活動を行うご自身のために、ご自宅最寄りの社会福祉協議会でボランティア活動保険に加入してください。 ボランティア活動保険は、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。被災地では混乱も想定されますので、必ず加入してください。

【参考】ボランティア活動保険には、基本タイプと天災タイプがあります。天災タイプは、地震・噴火または津波によるボランティア自身のケガが補償されます。また、今年度すでにボランティア保険に加入されている際には、重複での加入は不要です。

新着情報

【参考資料1】被災地でのボランティア活動を希望されている方々へ(支援P・JVOAD・内閣府(防災担当)作成)

ダウンロード
被災地でのボランティア活動を希望されている方々へ.pdf
PDFファイル 282.7 KB

【参考資料2】平成30年7月豪雨災害 災害ボランティア活動参加への報道にあたってのお願い(報道機関向け)

ダウンロード
20180712-プレスリリース.pdf
PDFファイル 207.0 KB

【参考資料3】 災害ボランティア活動・有料道路の利用料減免手続きにかかわるお願い

ダウンロード
災害ボランティア活動・有料道路の利用料減免手続きにかかわるお願い.pdf
PDFファイル 170.7 KB

被災地支援・災害V情報

全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターより災害ボランティア情報を掲載

関連サイト