ボランティア活動保険

必ずボランティア活動保険に加入してください。

 

ボランティア活動保険は、活動中のボランティア自身のさまざまな事故によるけがを補償します。

 

また、被災された方の住宅での清掃活動中、誤って被災された方が大切にしていた飾りや置物などを壊してしまった場合などの損害賠償責任も補償します。

保険加入はボランティア自身への備えであるとともに、被災された方々が安心してボランティアに支援を依頼できる備えでもあります。必ずボランティア活動保険に加入ください。

 

地震・噴火・津波災害の場合は、基本タイプではなく、天災タイプに入ることをおすすめします(台風等の風水害は基本タイプで大丈夫です)。お住まいの地域(出発地)の社会福祉協議会で加入することができます。

災害復旧作業に尽力している被災地の負担を少しでも軽減させるため、お住まいの地域での加入にご理解とご協力をお願いいたします。
また、出発地の社会福祉協議会で事前に保険に加入しておけば、被災地までの移動における事故も補償対象となるので安心です。

詳細は、[ふくしの保険]をご覧ください。



ボランティア活動保険・WEB加入受付の終了について

 

2020年1月末を持ってWEB加入受付を終了します

 台風15号、19号、10月25日からの大雨による災害ボランティア活動について、現地の(社協)災害ボランティアセンターが調整している活動に限り、特例としてWEBからのボランティア活動保険加入をご案内していましたが、2020年1月末をもって終了させていただきました。

 

保険未加入の場合、事前に出発地の社協で加入をお願いします

  被災地の(社協)災害ボランティアセンターは、被災された方と調整した上で、事前に登録いただいたボランティアの方々に活動していただく方式に移っています。2020年2月以降にボランティア活動に参加を予定されており、ボランティア活動保険に加入されていない場合、事前に出発地(居住地)の社会福祉協議会で加入手続きの上、参加くださるようお願いいたします。 ※出発地(居住地)で加入されることで、自宅と活動場所の往復途上も補償されます。