· 

8月27日からの大雨(第3報)

8月27日から九州北部地域を中心に局地的に大雨となり、28日朝には、福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報が発表されました。

九州3県を中心に死者3名の人的被害、及び約680棟の家屋被害が生じています。(8月30日7時現在 総務省消防庁発表)

現時点での被災地のボランティア募集状況は こちら をご覧ください。

福岡県内の状況

・福岡県社協では、被害が報じられた地域に職員を派遣し、各市町社協職員とともに状況確認、支援調整を進めています。

・筑後市では災害ボランティアセンターを設置、久留米市では災害ボランティア相談窓口を設置してボランティアによる支援を行っています。

・八女市では、市内の社会福祉法人等で構成される市社会福祉法人連絡会や、八女市社協職員が支援を行っています。なお、八女市はボランティアの募集はありません。

佐賀県内の状況

・佐賀県社協では、被害が報じられた地域に職員を派遣し、各市町社協職員とともに状況確認、支援調整を進めています。

・県内4市1町(佐賀市、多久市、武雄市、小城市、大町町)で災害ボランティアセンターを設置しました。災害ボランティア活動を検討される際には、各市町でボランティアの募集状況が異なるため最新情報を確認してください。

長崎県内の状況

・長崎県社協では、被害が報じられた地域の市町社協と連絡を取りながら状況確認を行っています。

・現時点で、県内で災害ボランティアセンターを設置する状況にはなっていません。

全社協の動き

・全社協では、28日(水)に「豪雨災害福祉対策本部」を設置し、各県社協と連絡を取りながら、被害や市町村社協の状況について情報収集を行っています。

・30日(金)から、全国ボランティア・市民活動振興センター職員1名を被災地に派遣し、情報収集・支援調整を進めています。

・また、JVOAD(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)、支援P(災害ボランティア活動支援プロジェクト会議)と連携し、情報共有・支援に向けた調整を行っています。

JVOAD(全国災害ボランティア支援団体ネットワーク)

支援P(災害ボランティア活動支援プロジェクト会議)